助産師の求人は多い?少ない?

助産院と聞くと病院とは独立して建設された施設で、家庭的で自然な形でのお産を望む妊婦さんが助産師の力を借りてお産を行う場所というイメージではありませんか。

 

けれども最近では、病院の中で開かれている助産院も増えてきているんですよ。

 

お産は新しい生命が誕生するおめでたい瞬間でもありますが、全てのお産が問題なく行われているわけではありません。

 

母体、胎児とも常に危険が伴っていますので、何か異常がある場合に、病院の中で開かれていればすぐに医師の治療を受ける事ができて、安心ですよね。

 

この事は、出産をする妊婦にとっても、お世話をする看護師、助産師にとっても安心できますね。

 

また、このような病院では、積極的に助産師の募集も行われているんですよ

 

 

 

助産院で働く助産師の求人は全国的にみても、とても求人数が少ないです。

 

産婦人科に比べると、助産院の施設数自体が少ないという事もありますよね。

 

けれども、探してみれば求人はありますので、ご安心ください。

 

ただし、全ての求人が一般公開されているわけではないので、求人探しには注意が必要です。

 

一般公開されていない求人を探す一番良い方法は、看護師の転職サイトを利用する事です。

 

看護師の転職サイトでは、一般公開されていない求人も多数情報があります。

 

まずはサイトに登録をして、助産院で働きたい事を伝えてみてくださいね。

 

その他にも、譲れない条件があれば一緒に伝えておけば、より理想に近い求人を紹介してもらえますよ。

 

 

 

■働き方が多様な助産師

 

 

 

助産院で働く助産師と言っても、その働き方には常勤と非常勤の2パターンあるのが一般的のようですよ。

 

お産は24時間365日いつ始まるかわかりませんよね。

 

ですから基本的に助産師の仕事も病棟勤務の看護師と同じように、日勤と夜勤の両方の勤務をシフト制で働く事が基本的な勤務スタイルとなるでしょう。

 

しかし、中にはアルバイトやパートタイムの非常勤勤務として、日勤のみあるいは夜勤のみの時間帯で働く助産師もいるようですよ。

 

これは、勤務形態は、それぞれの助産院によって異なるので、自分が働きたいと思う助産院がどのような勤務形態、雇用形態があるのか調べる必要がありますね。

 

 

 

助産院における助産師の仕事はお産の介助がメインのお仕事である事は言うまでもないですよね。

 

では、お産のお手伝いだけをしていれば良いのかと言うとそうではなく、他にも色々な仕事があるんですよ。

 

例えば、不妊治療を行っている夫婦への相談やアドバイス、出産後の育児に関する相談、思春期や更年期の性に関連する悩み相談など、性に関する様々な相談やアドバイスも行っています。

 

お産だけではなく、女性の健康管理について、生涯に渡って関わっていく事も助産師の大切な役割であり、相談役として採用される事もあるんですよ。

 

 

 

■助産院の志も様々です

 

 

 

助産院によって、どのような事に重点を置くかという事は様々ですが、最近では子供達に対する命の教育に重点をおく助産院が増えています。

 

大人だけではなく、10代やそれよりももっと小さな子供に対して命の尊さを伝える場として注目を浴びているんですよ。

 

大人になってからではなく、小さなうちから命に対する教育を行い、意識付けをしていく事はとても大切な事です。

 

ですから、助産院としてもこのような教育を積極的に行ってくれる助産師を求めている事が多いんですよ。

 

 

 

助産師で働きたいけれど、助産師の資格はなく、看護師の資格しかないから無理かなと諦めている看護師さんはいませんか?

 

助産院での求人はやはり助産師が多いのですが、助産師資格を持っていない看護師の求人もあるので安心してくださいね。

 

もちろん、助産師の資格がなければ、助産行為は行えないのですが、看護師の仕事も意外と多いものなんですよ。

 

中には看護師で、日勤のみ・夜勤のみといった二交代制の勤務を選択できる助産院の求人もありますよ。

 

もっとも、このような働き方ができるのは大きな助産院である事が多いですが、助産院での看護師求人も募集はありますので、気になる方は探してみてくださいね。

 

 

 

■助産院は増加中?減少中?

 

 

 

病棟勤務をされている看護師の中でも、看護師資格の他に助産師の資格も取得されている方もいますよね。

 

助産師の資格を持っていれば、産婦人科の他に助産院で助産師として働く事もできますよ。

 

けれども、助産師として働きたいけれど肝心な助産院をあまり見かけないと感じられる方も多いかもしれませんね。

 

注意深く、意識してみなければ気づかないだけで、実は街中を見渡してみると、規模の大小を気にしなければ、意外とたくさんの助産院があるものなんですよ。

 

平成20年には、個人経営の助産院だけでも全国に約800院との報告が出ているんですよ。

 

 

 

平成20年に個人経営をしている助産院の数は全国で約800院存在するとの発表がありました。

 

けれどもこの数は多いのでしょうか?少ないのでしょうか?

 

実は昭和57年には、助産院は全国に約2,500院存在していました。

 

という事は、1/3までにも減少しているという事ですね。

 

ですが、意外な事に助産師として働く助産師の数は年々増えているんですよ。

 

その数は、昭和57年から平成20年の間で、25,000人から27,000人も増加しているんですよ。

 

助産院の数は減少しているのに、助産師として働く助産師が増えているのは何故かと言うと、産婦人科や自治体で勤務する助産師が増えているからなんですよ。

 

けれども、やはり助産師の求人が狭き門であることは間違いのない事実でもあります。